つぶらな太陽 / ぷらそにか福岡 (original)

つぶらな太陽 / ぷらそにか福岡 (original)

つぶらな太陽 / ぷらそにか福岡 (original)

歌:ぷらそにか – 福岡 –

伊吹 (Vocal / Cajón / Kazoo)
【Twitter】
【Instagram】

高橋菜月 (Vocal / Guitar)
【Twitter】
【Instagram】

碧海 (Vocal / Piano)
【Twitter】
【Instagram】

しょうひ (Vocal / Bass)
【Twitter】
【Instagram】

-*-*-*-*-

つぶらな太陽
作詞・作曲 : 高橋菜月
編曲 : ぷらそにか福岡

「どうでもいい」と投げ出していた
本当の自分隠すように
ネガティブな気持ち「ばってん」つけて
僕のためにi(あい)を歌う

新しい音が聞こえてきたら
何かが始まる気がする
よか音楽届けたくて
君に向けてI(あい)を歌う

迷った時はぷらっと寄れる
この場所で話せたらいいね
いつでも君のこと待っているから
立ち止まってくれないか

歩くテンポは歌にのせて
僕の迷路はまだ続くけど
夏の雲に新しい風 8月の太陽

「どうでもいい」と投げ出した物
もう一度手に取ってみた
今日は自分に「満点」つけて
明日(あす)を描いて愛を歌う

うれしい時はぷらっと寄れる
この場所で話聞かせてね
いつでも君のこと想ってるんだよ
同じ風感じたいから

歩くテンポは歌にのせて
でこぼこ道もまだ続くけど
立ち止まれば涼しい音 君と奏でたいんだ

遅れて来たバスが 街に連れてく

歩くテンポを歌にのせて
僕の迷路に人が増えてく
賑わう街新しい風 8月の太陽
君と笑いあう夏

-*-*-*-*-

#ぷらそにか
#PLUSONICA

ネットカジノカテゴリの最新記事