【安部敏樹】きれいごとで飯が食えるか?その問いに答えるには〜リディラバが資金調達で目指す未来7〜 #社会課題をみんなのものに #リディラバ

【安部敏樹】きれいごとで飯が食えるか?その問いに答えるには〜リディラバが資金調達で目指す未来7〜 #社会課題をみんなのものに #リディラバ

【安部敏樹】きれいごとで飯が食えるか?その問いに答えるには〜リディラバが資金調達で目指す未来7〜 #社会課題をみんなのものに #リディラバ

これまで社会的に評価されなかった活動の価値を”指標”として示せるようになると、きれいごとは言わない企業人たちを「これならビジネスで参加できる」と説得できるようになってくるーー。

2022年1月リディラバは、これまで投資家・実業家として大きな成果を残した方々などから総額2.3億円の資金調達を行ったことを発表(※)いたしました。
なぜこの資金調達を行なったのか、この資金調達を通じて社会にどのようにインパクトをもたらしていくのか、リディラバはどのような未来を目指しているのかについて、全8回にわたって代表の安部敏樹よりご説明させて頂きます。#社会課題をみんなのものに

#1・ひとを救う活動が続く仕組みにしたい
#2・社会課題解決はどうすれば加速する?
#3「お金で評価できない」で終わらせない。
#4・寄付に近い「投資」はなぜ実現したか?
#5・「メッセージ」としての資金調達
#6・同じ志を持っている。だから冒険できる
#7・きれいごとで飯が食えるか?その問いに答えるには
(以下順次公開)
#8・願いを一つにする「共通言語」を作りたい

※プレスリリース全文はこちら
資本主義経済と社会的価値をつなぎ直す。ソーシャルセクターのリディラバが、総額2.3億円の資金調達を完了。

■安部敏樹(あべとしき)
株式会社Ridilover 代表取締役/一般社団法人リディラバ 代表理事
1987年生まれ。2009年、東京大学在学中に、社会問題をツアーにして発信・共有するプラットフォーム『リディラバ』を開始。2012年に一般社団法人、翌年に株式会社Ridiloverを設立。2012年度より東京大学教養学部にて、1・2年生向けに社会起業の授業を教える。特技はマグロを素手で取ること。
第1回 総務省「NICT起業家甲子園」優勝、「KDDI∞Labo(ムゲンラボ)」第4期 最優秀賞 など、受賞多数。2017年、米誌「Forbes(フォーブス)」が選ぶアジアを代表するU-30選出。著書『いつかリーダーになる君たちへ』(日経BP社)『日本につけるクスリ』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)。

■株式会社 Ridilover/一般社団法人 リディラバ

リディラバは2009年、スタディーツアーを通じて様々な社会課題を多くの方に共有し、深く理解してもらう事業から始まりました。以来12年、誰かの困りごとを社会問題の端緒として発見する調査報道事業、より多くの方に深く問題を考えてもらう教育旅行事業や企業研修事業、社会化された課題に対して必要な資源投入を促進する事業開発・政策立案事業などを立ち上げ、それぞれの事業が拡大することで、社会課題解決のスピードが上がる仕組みづくりを推進しています。

■自分らしい社会問題との向き合い方を見つける「リディ部」

社会問題を考えるみんなの部活動「リディ部」は『誰かの困りごとを、次の時代の手がかりに』を合言葉に、社会問題について学び合うオンラインコミュニティです。
主に、水~金曜日の夜におこなうライブ勉強会、社会をよりよくするために部員自ら企画し取り組むプロジェクト、Facebook非公開グループでのコミュニケーションを活動の中心としています。

■社会問題をテーマとしたサブスクリプション型のウェブメディア「リディラバジャーナル」

リディラバジャーナルは、社会問題に関わる人びとへの取材や調査をもとに、問題を構造的に分かりやすく伝え、より多くの人に関心を持ってもらえるような記事を配信しています。
お申し込み頂くと、社会問題に付随する取材記事をはじめとする、800以上の記事を今すぐお読み頂けます。

▼リディラバからのお知らせを受け取りたい方は
【Twitter】

【facebook】

【note】

▼リディラバ代表 安部敏樹のトークや「リディ部」社会問題勉強会のダイジェスト版を見たい方は
【YouTube】

▼社会問題勉強会の最新情報を受け取りたい方は
【リディ部の勉強会紹介note】

▼リディラバのイベント情報を受け取りたい方は
【Peatix】

▼800以上の社会問題取材記事を一気に読みたい方は ※リディラバジャーナルお申し込みが必要です
【リディラバジャーナル・有料】

▼200以上の「リディ部」社会問題勉強会の動画を一気に見たい方は ※リディ部へのご入部が必要です
【リディ部勉強会アーカイブ・有料】

▼自分らしい社会課題との向き合い方を「リディ部」で見つけたい方は ※リディ部へのご入部が必要です
【リディ部オンラインコミュニティ・有料】

▼4月の「リディ部」無料説明会は

■リディラバ事業紹介
▼中高生向けの社会問題探求学習「SDGs × 社会課題スタディーツアー」

▼企業研修・社会のリアルな課題にゼロから挑む、越境学習型の人材育成プログラム「フィールドアカデミー」。

▼事業開発・制作立案「SDGs×新規事業開発」

▼リディフェス

ギャンブルジャーナルカテゴリの最新記事